チームラボプラネッツ 豊洲レポ

2019/07/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

インスタ映えといえば!チームラボ!

チームラボボーダレス(お台場)とチームラボプラネッツ(豊洲)の2会場で開催されています。

 

今回はチームラボプラネッツ(豊洲)についてレポしていきます。

 

チケットは前売りと当日とがあります。スマホで簡単に購入することができるので、日程が決まっている人は事前にチケットを取って置くと良いでしょう。

日にちと時間を指定してクレジットカード払いで購入完了です。チケット自体はQRコードなので忘れる事もないので安心です!

※ここで注意!ボーダレスとプラネッツそれぞれホームページが異なる為、検索する時には注意しましょう。

(私はボーダレスに行きたかったのですが、プラネッツを予約してしまいました。笑)

 

 

ボーダレスとプラネッツ何が違うの??

と、思った方は多いと思います。インスタのタグなどで調べても二つの会場がごちゃごちゃになって投稿されている為、ランタンはどっち?バルーンはどっち?と困惑します。

簡単に説明すると、ラプンツェルのようなランタンはボーダレス(お台場)です。光のカーテンのような空間はプラネッツ(豊洲)です。

☆比較的ボーダレスの方がチケット完売が多いので人気なのだと思います。狙い目はやはり平日ですね。

 

時間がきたら入り口でQRコードを提示します。

モニターの前に集まり、注意事項の映像を見てからロッカールームへ移動します。

上着、靴下、靴、カバンはすべてロッカーに置いて行くので、そのことを踏まえてコーディネートをしましょう。

※ズボンの裾が膝上まで上がる服装は必須です!!!上がらないと入場することができない為、貸出用の黒のハーフパンツになってしまいます。笑

反対にミニスカートだと床が鏡になっているところで下着が映ってしまうため、スカートを履きたい方は貸出のハーフパンツを下に履いても大丈夫な膝丈のスカートにしましょう。

 

 

入場口や次に何処へ行けば良いのかとっても分かりづらいですが、その都度スタッフの方が誘導してくださいます。

ライトアップされた廊下を進みます。

 

プールのような匂いがする!と下を見るとお湯の中を進むようになります。裸足で館内を歩くので最初に消毒するのでしょう。

お湯の道を抜けるとスタッフの方がタオルをくれるので足を拭きます。

それぞれの作品の部屋に入る前には暗幕があり、中が見えないようになっています。

 

最初の部屋に入ると……!!!!!!!

下に沈んで足が取られました。笑笑

ビーズクッションが敷き詰められた空間です。ダイブしてみたり走ってみたりと、大人も思わずはしゃぎたくなります。

 

次が待ちに待った光のカーテンのような空間です。物自体には触れてはいけないそうでスタッフの方から始めに伝えられます。角には鏡張りのスペースがあり、反対側の角には絨毯が引かれ鑑賞スペースになっています。

 

色が変わったり点滅したりと色んな瞬間で色んなパターンの写真を撮ることができます。

 

 

次は膝下までのお湯の中に鯉が映されて泳いでいました。ここでは写真を撮るにも鯉しか映らずインスタのストーリー用ですね。自撮りしても鏡に映してもよく映りません。

 

次に進むとバルーンの空間です。大きなバルーンが何個も埋め尽くされ、掻き分けながら進みます。バルーンもカラフルに色を変えます。

 

次はドーム型の中に入り床に座ったり寝たりしてプラネタリウムのような感じで花が舞っているのを鑑賞します。

 

ここでも自撮りなどは映らないのでのんびりと眺めたり動画を撮ったりして楽しみます。

 

 

私が行った時には子供は1人も居ませんでしたが、カーテンに触れてはいけない所や膝まで水がある所を考えると大人向けなのかもしれないと感じました。

 

ミラーレスや一眼レフを持って入る方もいましたが、水没は自己責任になりますので注意してください。

 

館内をでない限り何周もして良いそうなので、何パターンか着替えて周ったりカメラを変えて周ったりと本格的に撮影してもとても映えるスポットだと思います。



 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© my favlo.. , 2019 All Rights Reserved.